So-net無料ブログ作成
中古 黄色ニュービートル ブログトップ

車の買い換え [中古 黄色ニュービートル]

 最近、つれあいの車を購入しました。前者はH3年製ですから、実に16年間走ってくれたことになります。もちろん結婚前、つきあい始めたころからの車ですから、私なりにも思い入れはありました。買い換えた原因はいろいろありますが、それは、また後日の機会があればとします。
 車はいろいろ迷って、結局黄色のニュービートルになりました。もちろん、車が決まるまでは、妻の悩みものですが、ターゲットが決まってからは、私の仕事です。なんとなく、こういう役割分担は決まってますね。性格にもよるんでしょう。
 さて、新車ならば話は早いのですが、まずは”きっと新車だと汚されたら怒っちゃいそう”、、、という言葉のもと、中古車探しが始まりました。始まったの3月。成約が5月。この間にこんなにいろいろなことがあるとは思いませんでした、、、。

★楽天で今売れているカー用品は?★
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

まずは情報収集、そして2007年3月上旬。中古車探し開始。 [中古 黄色ニュービートル]

 中古車探し、どうしようかなぁと思って皆さんはどうします。もちろん、自分の行動範囲内にある中古車屋さんにある程度あるものだったなら、まずはそこに行くとなりますが、黄色のニュービートルなんてそうそうあるもんじゃないですよね。そこで”インターネット”。
 まずは、直ぐに頭に浮かんがGooでした。(こういう時のために宣伝をやってるんですねぇ)
http://www.goo-net.com/index.html
 検索してみると(私は東北の田舎に住んでいる物ですから)、自県内にあるニュービートルは20台ほど。値段はどうかな?100-180万円と、結構高いですね。対抗馬はマーチ・イスト・パッソなどですから、ちょうど新車と同じくらいですね。妻の目が曇ります。じつは始めて検索したのは06年の12月。このときに後々後悔することになる1台がありました。水色5.9万km。でも、このころはお買い得度もわからず。妻は中古というだけで止めていたんですよね。本気になったときにはもう既に売れてなくなっていました。

     ★楽天ランキングTOP50 カー用品★

2007年3月上旬。中古車探し開始。
 なにはともあれ、中古車探しで話も決まったので、この時点でサイトに掲載されていた黄色は3台あり。一番近いところにある中古車屋さんから行きました。

第一候補車:2000年式黄色7.2万km98万円。結構安いです。でも7年落ち、高いのかなぁ?
 結果。。行ったときには、既に実車は”商談のため移動しました”ということで”なし”。代わりにシルバーのビートルがあり、見ていると「売れちゃいましたねぇ」とのこと。
 はじめの感想は”そうかぁ、そんなに早く買うような人もいるんだなぁ”くらいなもんです。まだまだ余裕がありました。
 そこのお兄さんは、”そうすかぁ。まぁそのうちあるかもしれませんよ。希望言っておいて下さい。オークションでみておきますよぉ”
 えっ、オークションてなに?。そんなに簡単に、同じ条件のくるまってあるの?
 そのころは、その程度の知識でした。この後、このお兄さんからの返事はなし。

第二候補車:2000年式黄色 108万くらいだったかな
 今度はトヨタ系列の中古屋さんです。よかった、まだ実車がありました。でも”左ハンドル”。
 スタッドレスも積んでいて、お買い得な感じ。しかも”3年保証つけますよ”
 おぉ。
 そうかぁ、3年保証ってあるんだぁ。すごいなぁという感じ。とはいっても左ハンドルはダメですね。

第三候補車:2002年式黄色 172万
 さすがに年式新しいので、なんかきれいな感じ。ナビも付いてるし、エンジンルーム開けると、アーシングあり、マフラーも社外品。サスも交換してありますねぇ。でもローダウンしすぎていなくて、おおこれは私好み。高いけどそれなりかぁ。ここは奮発して、、。など、ちょっと瞳孔が開いて見ていると。

 妻のより、”この黄色、嫌、濃すぎるの”

 えっ、なに?。濃いの?。言われてみると、確かに前の車より濃いような感じ。なんで?。
 中古屋さんに聞いてみますが、私と同じ反応。後にわかりますが、この辺から苦難の道が始まるのです。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

パステルイエローのニュービートルを探して、えっオークションに出してもうないの? [中古 黄色ニュービートル]

 中古車探しから帰って、仕切り直し。結構疲れましたし、もし2台目が右だったら、買っていたかもしれません。普通はこの辺で決まるのではないかと思います。でも、凝り性の私はさらに踏み込んでいってしまうんです。

 動きがあるのなら待ってみたらいいのかなぁと思い、1週間後、再度Gooをのぞいてみました。でも県内には新しい出物なし。首都圏ではそれなりに入れ替えあるのに、、。 妻と一緒に写真見てました。でも写真だけじゃ濃いの薄いのはわからないんですよね。

 

 ここで新展開

 唯一違いがはっきりしているのは”パステルイエロー”のビートル。”
 妻も、”実はこれが欲しかったの”ということ。

 所が、実際、その時にごGooに載っているパステルイエロー(実際はパステルという限定生産モデルのレモンイエローという色)とおぼしきビートルは、全国でも6-7台と言うところ。それもそのはず、調べてみるとパステルは2001年に250台限定で生産(同時期に水色が750台)。ただし、2002年まで、人気のレモンイエローは通常ラインナップに組み込まれて発売されていますので、水色ほど台数が限られているわけではないようでした。ただし、少ないのは確か。

 東北には山形に1台のみ。それも170万(高!!、後に高いから動かないんだってことがわかりました)、とりあえずインターネットで見積もりとりました。3/13返事来ました。

第四候補車:2001年 黄色 1.6万km レモンイエロー
 車両価格172万円・諸費用計127815円・リサイクル料金16290円・値引き応談
 諸費用合計で185万。

 現行車種でもレモンイエローではないですが、薄いイエローであるメローイエローがあって、EZが231万ですから、諸費用いれても270万。
 比べちゃいます。
 http://www.goo-net.com/newcar/search/maker/VOLKSWAGEN/NEW_BEETLE/index.html

 とはいっても、昔の記憶にあるだけのレモンイエローを見てみたいという気持ちもあり、山形に出かけることにしました。ユーロステージ蔵王の森というトヨタの欧州中古車を集積する所にあるようでした。(実際、山形県内で1週間前に別のトヨタカローラにあったビートルが見に行ったときはここに来ていました)
 3/14には担当者より返事が来て日曜日に連絡します。とのこと、待っていましたが、3/18連絡なし。

 3/21に見に行けそうだったので電話してみました。
 「えっ、(やや以外そうな言葉・若干あわてている?)、実はもうないんですよ。売れちゃったんじゃなくて、オークションに出すことになったんです。黄色が3台になっちゃったものですから、上の指示でどうにもならないんです」と。
 残念。
 でも、こっちは見積もりを依頼してまだ1週間、連絡くれると言っておきながら、断りの一言もなし。
 ちょっと食い下がってみました。パステル見たいんですね。

 聞いてみると、指示が出たら直ぐに出さなくちゃいけないこと。現在実車は福島に行っていて、オークション会場にある車はセキュリティがかかっていて絶対に見れないとのこと。
 (後にわかりますが、中古車オークションのシステムなんですね。査定された後は、その状態が決して変わらないように厳重に管理されるようです)。

 その日は空いていたので、まぁいいかなと、とりあえず、見に行きました。黄色は2台あるそうなので。
 一台は170万・もう一台は120万。見るなり妻は”こっち(120万)は濃いのわかる?”
 確かに見比べてみるとそうだなぁとは納得。
 試乗もしてみましたが、いいかな。でもとってもじゃぁないなぁという感じ。
 しかも、ここのU-carは全国的に見てもちょっと割高。迷います。
 (後にわかりますが、トヨタは販売価格は高めなんですが、諸費用は少ないんです。しかも、他県から買おうとすると陸送費用が高い!。だから、山形という地域的条件であればこの値段でいいのかもしれないのですね)
 ちなみに、ネットの見積もりで”値引き応談”なんて書いてありますが、実際に行くと、「値引きはありません」とけんもほろろ。保証も3年にするなら、もちろん、追加料金です、。じゃぁパーツでと食い下がってみましたが、にこにこしながら値段を調べて”それですと~万円になります”って。そうじゃない値引き交渉だって!!。話し続かないです。こういう方針なんでしょう。

 また仕切り直し
 パステル欲しくなってきました。

★楽天で今売れているカー用品は?★

Ucar蔵王


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

故障時にも使えるレンタカー費用特約。付帯できる保険会社は? [中古 黄色ニュービートル]

 故障時(自走不能)にもレンタカーが借りられる特約が、SBI損保自動車保険付帯ロードサービスには、かつて付帯されていました[わーい(嬉しい顔)]

 しかし、6-7年前に事故時のみに変更になり残念な思いをしたことを覚えています。その当時に13年目に入っていた自車を買い替えるきっかけの一つにもなりました。(10万km乗ったら燃費と車両価格の差は?ハイブリッドはどう?ミニバンだったら?:10年乗るこれからの自動車選び: [10年乗る新車選び]

 昨年、とうとう13年目になる我が家のセカンドカーであるニュービートル(車の買い換え [中古 黄色ニュービートル])が、自走不能の故障でレッカーのお世話になり、今年の自動車保険更新で、ふと故障時にレンタカーが借りられたことが便利だったことを思い出し、現在でも付帯がないかどうか調べてみました。

 しかし、調べてみると意外に大変だったので、参考にされる方もいらっしゃるかと考え、ブログ記事にしてみました。 


 まず行ってみたのは、定番の保険会社一括見積です。



 しかし、残念ながら一括見積だけでは、ロードサービス詳細については比較できません。

 凝り性の私は、上記一括見積サイトトップページに貼ってあった各保険会社への直リンクに飛んで、ロードサービスを確認していくという作業を行ってしまいました[ふらふら]。(リンクがないところは検索です。)

 

 調べた自動車保険会社は、

 三井ダイレクト損保、イーデザイン損保、アクサダイレクト、セゾン(おとなの自動車保険)、SBI損保、チューリッヒ保険、ソニー損保、AIU保険、朝日火災海上保険、チャブ保険Chubb保険、セコム損保、東京海上日動火災保険、あいおいニッセイ同和損保、全労済(マイカー共済)、日新火災海上保険、富士火災海上保険、三井住友海上保険、そんぽ24
 

ふうつかれた・・・・[ダッシュ(走り出すさま)]

こういう微妙な特約は、年ごとに変化することも多いので、現時点でのスクリーンショットも張りながら比較していきます。



ロードサービス(故障時)にレンタカーを使えるオプションが見当たらない保険会社

   ソニー損保・イーデザイン損保・アクサダイレクト・そんぽ24・日新火災海上保険・富士火災海上保険・全労済(マイカー共済)


ロードサービス(故障時)にレンタカーを使えるオプションが自宅以外の保険会社
(20170513時点での記載内容を直接画像で貼っておきます)

三井ダイレクト三井.JPG自宅から直線距離で50km以上遠方の事故・故障でお車が自力走行不能となった場合;レンタカー代(5ナンバー車)を12時間を限度に負担。このサービスはご契約2年目以降のお客さまが対象となります。」






SBI損保sbi.JPG故障・事故などでお車が自力走行不能となり、ご帰宅が困難になった場合距離制限はない)。レンタカーご利用の場合は、30,000円/1台」








セゾンおとなの自動車保険sezon.JPG「ご契約のお車がレッカーけん引されたことに伴い、走行不能となった場所からお住まいや目的地などに移動するための費用をお支払いします。」レンタカーを相乗りで使用した場合は、その1台に対し2万円を限度とします。
チューリッヒネット専用保険https://net.zurich.jp/
チューリヒには2つの保険があります。要注意。
tyu-rihhi.JPG「走行不能事故の発生した地から、居住地または被保険自動車の出発地へ戻るため」24時間を限度

自宅でのロードサービス(故障時)にレンタカーを使える可能性がある保険会社



「契約車両の事故・故障・トラブルにより緊急に代車が必要な場合、レンタカーの基本料金をお支払いします。」24時間分の費用


同じ会社のネット専用保険と違い、”出発地へ戻るため”という一文がありません。









東京海上日動火災保険
http://tcon.tokiomarine-nichido.co.jp/tcon/public/tcon1701004/pamphlet/html/VTCH01CB01000.html
toukyou.JPG故障により「走行不能」となった場合、ご契約のお車の代替としてレンタカーを借り入れるための費用を、ご契約時にお選びいただく保険金日額を限度(故障の場合は15日)に補償します。


「走行不能」とは、ご契約のお車が動かなくなった状態、または法令等により走行してはいけない状態をいいます









あいおいニッセイ同和損保


aioi.JPG

事故・故障付随費用特約をセットしたご契約にセットできます。

運搬・搬送時代車提供特約

ご契約のお車が自動車事故、故障などで自力走行不能、盗難にあった場合のいずれかに該当する事由により、ご契約のお車の修理などのために代車を借りる必要がある場合、その期間中の代車(ご契約の代車クラスに応じたレンタカー)を30日を限度にご提供します。

「くるまがくるまで」(代車提供特約)

ご契約のお車が自動車事故、故障などで自力走行不能、ご契約のお車が衝突、接触などの事故によって”損害が生じた場合や、盗難にあった場合のいずれかに該当する事由により、ご契約のお車の修理などのために代車を借りる必要がある場合、その期間中の代車(ご契約の代車クラスに応じたレンタカー)を30日を限度にご提供します。

三井住友海上http://www.ms-ins.com/personal/car/gk/support.html#anc-02

mitui.JPG

事故や故障等でお車が自力走行できなくなった場合に、レンタカー費用を日額7,000円を限度にお支払い。

 

 

 結果として、ダイレクト系(つまり一括見積で出てくる)の保険会社には、”充実の”ロードサービスでも、”出先”で自走不能になったときに、レンタカーが使えるオプションがある程度。

 ここまで調べたところで、やはりポイントは"値段"

  できるだけ、同一条件で行うために、個々の保険会社で見積もってみます。

13年目のニュービートル(対人・対物・人身傷害・無保険車障害は無制限、搭乗者傷害3000万、車両保険70万免0特約あり)

ソニー損保(事故時レンタカー特約」5000円日額込);5.5万

東京海上日動ではレンタカー特約なしで8.5万(故障時にも対応してくれる特約は+8千円ほど)

三井住友海上・あいおいニッセイ同和損保では、この年式で車両保険を付帯する場合はTELと、でますので難しそう。

チューリッヒ保険で、スーパー自動車保険(約4万)とネット専用保険(約3万)では、約1万円の差。

1万円あると、24時間のレンタカーを借りることは十分にできてしまいます。

沖縄・北海道など全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

微妙ですが、保険ですので、ここは安心を買うことにして、今年はチューリッヒのスーパー自動車保険で契約することにしました。

使わないに越したことはないんですが、前車では1年に3回レッカーという記録があったりますので[ふらふら]

 






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

限定モデル第四弾は「ザ・マイスター」VW ザ・ビートル が2019年に販売終了 装備充実の最終モデルはお買い得なのか? 限定カラーは?。イエローは復活する? 第4弾 第4弾 ファイナル・エディション [中古 黄色ニュービートル]

 先日、ディーラーに行ったところ、ザ・ビートル 販売終了 第四弾 the Meisterザ・マイスターをかなり勧められ、妻とともにかなり悩んでいます。

See You The Beetle キャンペーン」の最終モデル(ファイナル・エディション)であると言われました。


 我家の黄色ニュービートル(車の買い換え [中古 黄色ニュービートル])も故障がちになり、買い替えを本気で悩んでいるこの頃、飛び込んできたニュース

「フォルクスワーゲングループジャパンは1月30日、フォルクスワーゲン最初のモデル「タイプ1」をモチーフにした2ドアクーペ「ザ ビートル」の日本での販売を、2019年に終了することを発表。ファンへの謝意を表す「See You The Beetle キャンペーン」の第一弾として、300台限定車「サウンド」を同日より販売開始した。」


fend.JPG

 これはもしかしたらチャンスかも。この時は思いました。特別色「ホワイトシルバーメタリック」が設定されていたからです。

 現行のザ・ビートルを購入するつもりになった時2016年には既に現行の8色展開。いままでに発売された限定カラーはなんとピンクのみ。



 妻の車選びの重要ポイントトップは色。その中でも黄色が好みで、現在のニュービートルを購入した時も、これまでのビートルのイエローの系譜でさえ、ダブルイエローは好みではなく、中古車選びでも苦労した点となっていましました。

kii.JPG ましてや、現行の「ザ・ビートル・デューン」に設定されていた、「サンドストームイエローメタリック」は黄色とは見えないらしいのです。


 というわけで、限定カラーに注目しつつ待ちました。

第二弾


ザ ビートル購入時に利用できるオプションサポートクーポンをプレゼントする「ザ・ビートル・オプションサポートWeb チャンス」

さらに


VWが2019年に販売を終了するビートルに「レトロ系」オプション追加、さらには記念切手も発売



ここまでは、オプションのキャンペーン。そして待望の限定車2つめ。


第三弾


VWザ・ビートルが2019年に国内販売終了!限定モデル第3弾発売

「第3弾として、内外装の質感を向上させた限定車「ザ・ビートルエクスクルーシブ」を5月29日より発売するとしています」ボディカラーはディープブラックパールエフェクトとピュアホワイト

 残念ながら、これも限定色はなし。


 我家が、限定車の第四弾を待っていることを知っているディーラーの担当さんより勧められたのが、

第四弾「See You The Beetle キャンペーン」ザ マイスターでした。

10月か11月の販売開始予定だそうですが、現時点で判明している情報の中で待望の限定色は・・


なし[もうやだ~(悲しい顔)]


残念過ぎます。

担当者さんは「これまでの限定車は色も限定されていましたから、現在展開されている8色が全て選べるのは大きいんですよ^^」と・・


一応、オプションは充実しているようで、

エンブレムに組み込まれたリアビューカメラ

キセノンヘッドライト

オートエアコン標準装備

アレルギー対応エアコンフィルター

ナビ(716S)・ETC2標準装備

専用17インチアルミホイール

ここまでついて、現行車に34万程の追加のみ。11万ほどお得だそうです。

いままでの限定車とあまり変わりないオプションです。ただし、価格はさすがにお得。


ディーラーが一押しなのは、

現在は選べなくなっているレザーシートオプションが22万で追加できること(黒とベージュ)らしいいです。


皆さんはいかがですか?




我家には、ザ ビートルが入庫されることはなさそうかも・・・、やっぱりEVか・・

現行、ザ・ビートルは、自動ブレーキも搭載されず、どうしても安全面では2世代前を払拭できなかったので、新型を期待していたのですが・・。


インテリアや、あまり高くない補修物品など買いながら、次を待つという感じでしょうか。


 




販売終了したVW・ビートル、次世代型はEV、しかも4ドアで復活の噂

evb.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
中古 黄色ニュービートル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。