So-net無料ブログ作成

10万までの自動車税支払は、裏技を使ってポイント還元を。2018年度はリクルートカードで1.2%にて成功。nanacoチャージはの売り上げデータは何時カード会社に到着するのか?、ファミマTカードから楽天カードへの変更は不発。 [カードのポイントあれこれ]

 今年の自動車税支払いは、いつもの裏技を使ってリクルートカード1.2%ポイント還元に挑戦しました。

 過去記事”2013年度もファミマTカード自動車税支払いのポイントをもらうには”に始まった自動車税納税時のポイント獲得あれこれ。2014年”2014年度もファミマTカード自動車税支払いのポイントをもらおうとしたが、微妙に改悪されている”にて0.5%のポイントをゲット、2015年”2015年度もファミマTカードで2台分の自動車税支払いのポイントをゲット”、2016年にはポイント1%にアップしようとして、わざわざ楽天カードJCBブランド変更を行い”楽天カードブランド変更と楽天ダイヤモンド会員維持は両立するのか? 楽天銀行カード到着してから必要な手順。キャンペーンに参加するには?カードの破棄は?”、2017年にトライアルするも楽天銀行カードの本人認証サービスに登録していなかったため、nanacoの引き落としカード変更が行われずに0.5%のまま(”2017年度もファミマTカードにて裏技を使ってnanacoで1日に2台分の自動車税納入しポイントゲット。.来年こそから楽天カードに変更してポイントを0.5%から1%に増量したい。(今年は些細なことで失敗)”)

nanaco楽天.JPG

今年は満を持して(大げさ[フリーダイヤル])、1%に挑戦しようとしたのですが、最近の電子マネーポイント制限の流れから、もしかしてと思っていた、楽天カードでの電子マネーnanaco含む)へのポイント対象外が現実になってしまいました[ふらふら]

 nanacoのために苦労して行ったJCBへのブランド変更が・・・・水の泡。



いつも参考にさせていただいている”1番得するクレジットカード徹底比較”さんのサイト記事でも、「段々と包囲網が狭まっています!?」って書いてあります。



微妙に悪い予感を引きずりつつも、その時点で1.2%というnanaco最高額還元であったリクルートカードを申し込みました。


(リクルートカード・ファミマTカードの申し込みをするならばポイントサイト経由がお得です。私が使ったのはライフメディアLifemedhia)



nanacoチャージ3万まで.JPGところが、リクルートカード電子マネーへのポイント対象制限を><



この記載に気が付いたのは、なんと4月15日。ポイント”対象外”だったら、早々に解約していたんですが、3万円までは1.2%という微妙な所。しかも16日からですから、まだ間に合う^^。


nanacoチャージ.jpg我家は年式が古い車を2台分なので10万近く必要です。あわてて、nanacoサイトにてチャージを2回。そこで、ふと気になったのは、”2018年4月15日(日)以前のご利用分でも、2018年4月16日(月)以降に売上データがカード会社へ到着した場合、上記の対象となります。”という記載。

nanacoでチャージした場合、売り上げデータがカード会社に到着するのは、いつなのだろう?

といいことで、2回チャージして様子を見ました。納税期限は31日ですから、まだ時間があります。このブログ記事シリーズに書いてきたように、うまくいかないことが多いので慎重です。


さて、#1:売上明細の確認と、#2ポイントが加算されているかの確認をどうするか。

リクルートカードは様々なサイトから確認しなければいけないので少し面倒。うまくいっていることを確認し、#3再チャージ。

#1:売上明細確認は


を見ると、リクルートポイント加算.JPG請求された翌月10日に確定。

その翌日にポイント加算。

まず、3万円までの制限がなかった4月分を5月10日に確認。


にて確認。

明細5.JPG4月15日に、期限を知ってあわててチャージした分は当日決済になっていて、まず一安心はしていました(チャージ当日である4月15日に何回か確認したのですが、当日は明細に反映されず、数日かかったので少し心配でした。)。

#2:ポイント確認は、



にて、

利用金額68304*0.012=819.6

端数切捨てですが、合計金額に対する1.2%が無事に5月10日(11日ではなく)に加算されていました。


#3:5月分(月間集計期間は毎月16日~翌月15日)を上限の3万までチャージ。

明細6.JPG

6月にチェックしましたがこれも、[利用金額43889円]*0.012[1.2%分]≒526ポイントリクルートポイント6月12日.JPG
同様に、1.2%が加算されていました。


 nanacoが購入できれば、前記事(2017年度版)にて詳しく書いたいつもと変わらない手順(ちょっとした裏技)にて、センター預かり分を使いながら2台分の自動車税をnanacoで支払えば終了です(クレジットチャージ上限が29000円ではなく30000円になっているのは仕様変更でしょうか?)。


 さて、来年はどうなるやら[モバQ]、今年と同様であれば、自動車税の納付書が送られてくる5月初めにチャージしても、16日を挟んで6万までしか、nanacoではポイントが付きません。足りない分は、4月上旬までにnanacoで購入しておくか、支払いクレジットカードをファミマTカードに変更して0.5%還元で購入することになりそうです。

 ただし、ファミマTカードの登録が初めての場合は、過去記事にも記載したとように(https://grayhealer.blog.so-net.ne.jp/2014-06-02)[本人認証サービス登録後5-6時間]。さらに[事前登録完了後、24時間]が必要ですので、私のように([ふくろ])ギリギリになって動く方は要注意です[わーい(嬉しい顔)]

 

 リスクとしては、あまり多くの電子マネーをチャージしていると、”電子マネースリ(スキミング)”に出会ったときに被害が大きくなることでしょうか・・・


 防止手段としては、電子マネーの情報を遮断できるスキミング防止ポーチを使用するか、ロックをかけておくことなどのようです。



こんな感じのポーチです。カード型もあるようです。



リスク管理だけではなく、スマホと電子マネーの干渉を防ぐために使う・2枚使い用という用途もあるとのこと。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。