So-net無料ブログ作成

パナソニック ハイブリッド方式除湿乾燥機F-YHJX120が故障。修理をどうする?。買い替えはエコ?。10年で機能はどうなったのか?。F-YHD100-W;F-YHPX120,F-YHRX120,FYHRX200と比較 [修理・補修]

我家は、室内干し。除湿乾燥機を買ってからは、すっかりこの生活に慣れてしまいました。

しかし、年中稼働していることもあるのか、故障するんです・・・。


一台目は5年で故障。買い換えた2台目も4年半で故障してしまいました。

ここ5年で機能は変わっているのでしょうか?。メーカーが力を入れているエコ度は?

修理費用は高額になることが前回わかっているので、買い替えか修理か迷うところです。


一代目は2008年から使用。当時の価格、33,500円ネット通販。アマゾンでは中古でも、2017年時点で15000円の値段がついています。


パナのHPからスペック転載。
http://panasonic.jp/joshitsu/p-db/F-YHD100_spec.html

定格除湿量 9L/日(50Hz)

衣類乾燥運転(50Hz)  除湿能力 速乾・ターボ 10.5L/日
省エネ 5.6L/日
消費電力 速乾・ターボ 700W
省エネ 185W
運転音 速乾・ターボ 50dB
省エネ 42dB
風量 速乾・ターボ 3.6立方メートル/分
省エネ 2.5立方メートル/分


衣類乾燥時間(工業会基準 20℃70%) 49分
本体寸法 H540×W340×D210mm
本体質量 12kg
タンク容量(自動停止) 約2.9L


まだ白物家電がナショナルだった時代の製品でした。

順調に稼働していたものの、5年目の2013年6月に故障。

出張修理に出てきてもらいましたが、コンプレッサーの故障で修理費用は2万円近く。修理断念して、二台目に。


結局、同じパナソニックを選びました。価格はほぼ同じ33400円。ヤマダ電機での購入。


パナのHPからスペック転載。


定格除湿量 9L/日(50Hz)(消費電力:245W)

衣類乾燥運転(50Hz)  消費電力 速乾・ターボ 705W
標準 245W
音ひかえめ 230W
電気代 速乾・ターボ 15.5円/h
標準 5.4円/h
音ひかえめ 5.1円/h
運転音 速乾・ターボ 48dB
標準 48dB
音ひかえめ 40dB

乾燥時間  速乾・ターボ 43分
標準 65分
音ひかえめ 80分

本体寸法 高さ580mm×幅370mm×奥行225mm
本体質量 13.9kg
タンク容量(自動停止) 約3.2L


エコナビなどつきましたが、音も乾燥時間もあまり変わりなく、違いはあまりわからないまま。

実際、あらためてスペックを比べてみても、ほとんど変わりはない感じです。

(むしろ、F-YHD100-Wの省エネ運転が185Wで一番少ない?)


補償期間は、冷媒回路が3年になっていますが、4年と4か月での故障ですから、これは無理。

有償修理なので、たぶん2万円前後の修理代金になりそう。

前もって新規購入の場合と比べておかなければなりません。

後継機種は(2018年09月更新、4月に新型が出ているようです。ついでに比較)


定格除湿能力 50Hz:9.0L/日[消費電力225W]

いつのまにか値上がりしているようです。検索した時点で約4.5万。

5年の延長保証をつけるとさらに5000円。

(Panasonicの除湿機・除湿乾燥機HPへのリンクも貼っておきます。記事の製品が型落ちになっていても新製品はここに出てます。


      F-YHPX120 F-YHRX120
衣類乾燥 消費電力 少量速乾 50Hz:685W
速乾 50Hz:685W
おまかせ 50Hz:225W
音ひかえめ 50Hz:220W
電気代のめやす※1 少量速乾 50Hz:18.5円/h
速乾 50Hz:18.5円/h
おまかせ 50Hz:6.1円/h
音ひかえめ 50Hz:5.9円/h
運転音 少量速乾 50Hz:48dB
速乾 50Hz:48dB
おまかせ 50Hz:48dB
音ひかえめ 50Hz:40dB
乾燥時間 43分*速乾モード時 75分


新旧比較しましたが、ほとんど同スペック。乾燥時間が変わったのは、計算方法の違いでしょうか?。価格COMの比較でも、4輪キャスターにチェックが入っている程度です。

相変わらず、型番のみの新製品みたいです。旧製品で安い製品があるといいのですが(現時点では2000円程安いみたいです)




除湿能力が高い機種も発売されています。


こちらも2018年4月に新製品が発売されているので、一応比較してみます。

潔いほど[ふらふら]スペックに変化ありません。

製品名   F-YHRX120 F-YHRX200 F-YHPX200
幅x高さx奥行き 370x580x225 mm 378x662x296 mm 378x662x296 mm
重さ   13.9 kg 17.4 kg 17.4 kg
除湿面積の目安 除湿能力(木造) 11 畳 19 畳 19 畳
  除湿能力(鉄筋) 23 畳 38 畳 38 畳
タンク容量 3.2 L 5 L 5 L
1日あたりの除湿能力 9 L 15 L 15 L
消費電力  
除湿運転:お部屋まるごと、強:225W/おまかせ・中:220W/弱:210W
除湿運転:お部屋まるごと、強:320W
除湿運転:強:320W
   
衣類乾燥運転:
少量速乾:685W/
速乾:685W/
おまかせ:225W/
音ひかえめ:220W
衣類乾燥運転:
少量速乾:800W/
速乾:800W/
おまかせ:320W/
音ひかえめ:300W
衣類乾燥運転:
少量速乾:800W/
速乾:800W/
おまかせ:320W/
音ひかえめ:300W
運転音   48 dB 51 dB 51 dB


旧機種の楽天最安値比較ナビのリンク張っておきます。




現時点で乾燥時間にそれほどの不満はないので、F-YHPX120を後継機種と考え、スペックを見比べると、重量・運転音・乾燥時間・定格除湿能力は、ほとんど同じ。

ただし、消費電力が245Wから225Wへ減っている様子。

乾燥時間は、現行機種は速乾のみしか書いてありませんが、43分と同じ。電力消費量は705Wから685Wへと減っています。20Wの節電が実現されているようです。

ただ、ルーバーの動かし方なども含めて基本的な機能は変わらないようですので、使い勝手は、同じと思われます。


エコ度ですが、電気料金は、

(スペック記載されている電気代のめやすは、その当時の時価かと思いますので比較していません)


にて計算してみると、20W/6時間/30日;約100円。3年使っても3600円の違い。

こうなると、修理の方がよさそうですが、多くの場合、修理代金は定価に引っ張られることが多いという経験があります。3万円台も覚悟しなければいけないのか><

さて・・・



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。