So-net無料ブログ作成

2017年度もファミマTカードにて裏技を使ってnanacoで1日に2台分の自動車税納入しポイントゲット。.来年こそから楽天カードに変更してポイントを0.5%から1%に増量したい。(今年は些細なことで失敗) [カードのポイントあれこれ]

 nanacoで、レジでお弁当を買うようにスマート([わーい(嬉しい顔)])に1回に2台分の自動車税5万円以上の支払い(特に7.9万以上になるとき注意))をするにはちょっとした裏技を使わないとできません。


 ちょっと面倒ですので、2台分の自動車税を支払うことになるこの時期に。備忘録がてらブログ記事を更新しています。(微妙に制度が変わる[ふらふら]


 前提の裏技として、セブンイレブン自動車税の支払いにnanacoが使用できるため、nanacoポイントはつきませんが、nanaco特定のクレジットカードで購入するとポイントが付与される為、間接的に0.5%~1%のポイントをゲットできるという方法があります。


kangenn.JPGいつも参考にさせていただいてのは下記サイト



今年も、大丈夫みたいです。[リボン]

ファミマTカード楽天カードJCB・(自分は楽天銀行カード)入ってます^^

 そもそも、ファミマTカードで自動車税でのポイント還元がなくなり、工夫してきたこのブログ記事シリーズです。”2013年度もファミマTカードで自動車税支払いのポイントをもらうには”に記載したように2013年度は初めて成功したファミマTカードからのnanacoへのチャージによるポイント獲得。

 2014年度は少し苦労。2015年は”2015年度もファミマTカードで2台分の自動車税支払いのポイントをゲット”の記事のようにスムーズにゲット。2016年度は問題なく、納税の後、懸案であった”楽天カードのブランド変更と楽天ダイヤモンド会員維持は両立するのか? 楽天銀行カードへ切り替えてVISAからJCBに。nanacoポイント還元を1%へ。‘記事に書いたように1%還元ポイントの楽天カードに変更し、今年は1%と野望を持っていざ納入へ^^(と結果から話すと細かいところで失敗[もうやだ~(悲しい顔)]


 さて、何回か痛い目(1年も経過すると、還元率や規約が変わっている[がく~(落胆した顔)])をみているので、納税に行く前にチェックを


ha.JPG楽天カードHP


https://support.rakuten-card.jp/faq/show/8563?site_domain=guest


 大丈夫みたいです。


次に、nanacoHPから規約の確認。昨年と少し記載が変わっています(わかりやすくなった[ひらめき])が、内容は同じみたいです。(まぁ、分かりにくいっていう文句あったと思います・・)

クレジットカードでチャージができる金額チャージ上限nanakokurejitto.JPG50,0001回のチャージ可能額29,000円まで


クレジットチャージの利用制限

利用金額1ヵ月 20万円まで

利用回数1ヵ月 15回 / 1日 3回まで

  • ※1ヵ月とは、月初(1日)~月末(各月末日)まで。1日とは、0:00AM~23:59PMです。

とりあえず、内容変わっていないようです。昨年と同じ手順でOKのよう。


 1回2.9万で1日3回まで。5万までしかチャージできないという制限が面倒なわけです。


 まぁ、1台分払って、翌日にもう一台払えばいいわけですが、1回で済ませようとすると、センター反映分に5万があって、実質10万使えることを利用する裏技を使用するわけです。


 ちなみに、今年は古くなった車二台分。昨年71000円だったのに90400円。うわ・・・。チャージ回数は1日3回、2.9万/回ですから、1日のチャージ可能額8.7万円を超えちゃってる[ふらふら](幸いにも、少しnanaco残っていたので、うまく払えそう。そうでなければ、無理せず2日かけるか、現金で残額でもいいわけですが・・)


 さて実際の手順です。(手順間違えると1日でできないだけではありますが[あせあせ(飛び散る汗)]


手順1: まず、モバイルからでも、HPからでもいいので2.9万円をチャージ。


  (ここで、もう一回2.9万円をチャージしようとしてもはじかれちゃいます。)


手順2HPからチャージを行った場合は、モバイル側で、センターお預かり分を受け取り。


 https://www.nanaco-net.jp/howto/center_receive.html(この反映はHPでの案内では昨年まで、「残高照会」あるいは「現金でのチャージ」となっていましたが、しっかりnanacoモバイルからのセンターお預り分受け取りがな能なことが記載追加されていました。改善[パンチ]


手順3:次に、HPから2.9万円を再チャージ。(既に、モバイル側はいっぱいで、2.9万円まではチャージできなくなっている)


 この状況で、モバイル側に5万円限度額いっぱいがチャージされ、チャージしきれなかったセンターお預かり分のみ、HP側に残っています。とはいっても、これでHP側の限度額である5万円には余裕ができています。


手順4HPで2.9万円を3回目のチャージ。


手順5:ここから、お店に行きます。


(ある程度慣れてそうな店員さんが余裕ができるのを待つことは大切)


手順6:1台分をモバイルで払います。


2台分いっぺん(会計が5万以上になる)だとうまくいきませんので、1台分ずつと依頼)


手順7:”nanaco残高照会”をお願いします。センター反映分がモバイルへ移行


手順8:これで2台目の自動車税を支払い終了[パンチ]


 


 で、最初に書いてあるようになんでうまくいかなかったかというと単純なミス。


”クレジットカードを変更しておかなかった”[ふらふら]


変更はした覚えがあるのですが、どうも失敗していたようです。


raku.JPG新しく作っていた楽天銀行カードの本人認証サービスに登録していなかったのが原因。早速登録。さてさて・・


enaviのトップページから下にスクロールしていくとあります[シャープダイヤル]


 


  来年ころ、2018年度こそ自動車税ファミマTカードから楽天カーJCBに変更して1%ポイント還元に挑戦したい・・・・


 しかし、楽天カードポイント2倍デーにnanacoをチャージするとさらにお得という裏技もあったようですが、これは数年前に終了。誕生月が近ければ、ライフカードという選択肢がありましたが、今年から改悪されて、Edyもnanacoもポイント付与がなくなってしまうので、選択肢ではなくなってしまいました。(無理にブランド変更をしていなくてよかった)


http://www.lifecard.co.jp/card/service/point/pointrenewal2017.html


ふと気が付くと、楽天カードのnanacoチャージもポイントが付かなくなってしまいそうで・・・。いといっても今からチャージするというのも・・・。


まぁ、金融情勢もあるので、このご時世こんなものでしょうか。


来年は来年の風が吹く・・・・。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。