So-net無料ブログ作成

充電できるエアロバイクを探す。”まわしてチャージ 充電丸が壊れて充電できない”構造は?。発電機・エアロバイク フィットネスポータブル コンパクト [充電できるエアロバイク]

前記事”エアロバイク発電機に?、充電丸の有効利用を考える。”にて購入したまわしてチャージ充電丸がとうとう壊れました。

買ったのが、2011年でしたので 6年間動いてくれたのはまぁまぁというところでしたでしょうか。

マリン商事 まわしてチャージ充電丸

新品価格
¥20,000から
(2017/2/1 14:11時点)


 エアロバイクの無駄なエネルギーを発電として有効活用。さらに充電しておいて使えるという意味で、画期的。

 ただ、負荷量を変えられないので漕ぐスピードの調節にコツがいる。漕ぐ部分が小さいのでシューズなどをはいておく。音がそれなりになのでテレビを見ている部屋では使えない。など工夫が必要な点もありましたが、ノートパソコンの電源を補充しながらエクササイズという感じで、それなりに使っていました。

 ところが先日、漕いでいる間、急に負荷がなくなり発電できなくなってしまいました。

 2年前くらいには、充電不可になって、エネループやノートパソコンに充電するために発電する用途に使っていましたから、これで完全に壊れた感じです。

DSC_0828 (1).JPGDSC_0829 (1).JPGDSC_0830.JPG

 一応、治せないかなというわずかな希望を込めて分解してみました。どうやらたくさんある歯車の一つが歯欠けしているようであり、自分の技量では無理だと判断しこのまま廃棄の予定です。

 結構部品数も多く、プラスチック歯車だとすると、寿命というところでしょうか。

 今の充電丸の買い替えも考えましたが、前に買ったとき(前記事)の時に比べると値上がりしており、軽いエクササイズは続けたいので、同様の別商品を探してみました。


 

 アルインコの自家発電バイク AFB7012 この製品があるみたいです。

 マグネット負荷のようですから、音も静かでしょうし、心拍数管理もできます。

 メーカー品ですし、エアロバイク・フィットネスマシンといての機能は十分かと推察します。

 (有酸素運動の目標心拍数については前記事”エアロバイク発電機に?、充電丸の有効利用を考える。 ”参照ください)

充電機能はなく、USB出力のみですから、この製品のように、USBから充電できる充電池を併用しておけば便利そう。

バッテリーは劣化する部品なので、充電する電化製品はバッテリー交換可能な製品を探すようにしていますから、この方法でも十分。(こういう製品でリチウムイオン電池ということはなさそうですし・・)

充電効率の懸念は残りますが、この製品は良いのかもしれないと思います。

ただし、結構な大きさになってしまうので、悩みどころ。

 

 となると現時点で、エクササイズという製品ではないようですが、ポータブル発電機のカテゴリに入るこの製品がよさそうです。(レビューもあるので楽天リンク(上段)・アマゾンリンク(下段)を貼っておきます。


ケーター パワーボックス [Power Box] 【日本正規代理店品】 ポータブル発電機 / iPhone / iPad / Galaxy / Xperia / Android / 各種スマートフォン / 各種タブレット / 一般携帯電話 / エネループ / モバイルバッテリー などACアダプタを使用する20Wまでの多くの電子機器に対応 / モバイルデバイス用 急速充電器対応 / ペダル式発電 / コンセント形状から出力 / 災害や停電など非常時の電源 / 一年保証

新品価格
¥35,458から
(2017/2/1 15:12時点)


アマゾンレビュー・口コミを見るかぎりは、コンセントに入れておくのと同様の充電効率のようです。

ただし負荷は発電量で決まるということで、エクササイズを考えると、有効な有酸素運動にするためには手順が必要である部分は充電丸と同じ(前記事”エアロバイク発電機に?、充電丸の有効利用を考える。 ”参照ください)。

 最近は、腕時計型の心拍計もいろいろ選べるようなっており 、今はスマホの着信機能・血圧測定・睡眠チェックまでできるこの製品が気になっています。

楽天”活動量計 or 心拍計 安い順”で検索

 

 

 発電機としての性能と考えれば、20Wでリミッターがあるようであり、それなりに家庭用に使用するにはインバーターやバッテリーなどのシステム構成が必要になるようです。

 時期エアロバイクをどうするか迷うところです。家族の希望は”静かであること・リビングに置くなら小さいこと”。自分としては”なにかしながら(できればテレビ?)手軽にできることなどが希望であり、震災から6年。非常時発電という危機感は小さくなっているようです・・。

 もちろん値段との兼ね合いも。 6年前は1万程度の予算だったのに、3万台とは[ふらふら]

 やっぱり高いです・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。